« 2006年02月 | メイン | 2006年04月 »

2006年03月24日

痩身エステに行けば本当に痩せることができるのか?

痩身エステに行けば本当に痩せることができるのか?

基本的に痩せることはできるようです。

ですが、その後の体型を維持するためには食事制限や運動をするなど、
自分でコントロールをすることが必要です。

多くの体験者の方も、エステで施術を受けて一時的には痩せても
自分でその後体重を維持できないという方も多いです。

カウンセリングのしっかりしたエステに行って
エステ終了後も、自己管理をしっかりして体型を維持する。

それが必要だと思います。

じゃあエステなんて行く必要ない?

痩身エステの案内サイトを運営している私が言うのもなんですが
自己管理ができないのであれば必要ないと思います。

高いお金を出して、自分に気合を入れる。

というエステの活用方法もあると思いますが
そんなに高いエステに通う必要はないと思います。

よく考えて通うエステを選びましょうね。

痩身エステを受ける値段

痩身エステって値段はいくらぐらいするんだろう?

と、初めての方は不安に思う人も多いでしょうね。

エステの痩身コースは比較的高額な場合が多いです。

また、最初はフェイシャルなどの安いコースを受けさせておいて
高い痩身コースへと勧誘していくパターンもあります。

1kg痩せるのに10万円が相場。
というところもあるようです。

リラクゼーション、あるいはハンドマッサージなどを行っているところが
セルライト除去のマッサージができるところが良いと思います。

そういったところですと、値段も手頃なところが多いです。

50万円や100万円を超える値段をローンで組ませる業者も多いようです。
本当にそれだけのお金を出す価値がエステにはあるでしょうか?

十分に検討してやるかどうかを決めたほうが良いと思います。

もし、やっぱりやめた方が良いかも・・・
と思ったら契約日から8日以内に迷わずクーリングオフの手続きをしましょう。

水分をとりカフェインは摂取しない

セルライト対策には水分をしっかりとることも有効です。

むくみのある人は、セルライトが発生しやすいです。

しかし、むくみのある人は「水を多く飲むと太る」
と思って飲まない方も多いのです。

ですが、水分を取り過ぎたからむくむわけではありません。
むしろ水分の運び出しがうまくいかないからむくむのです。

1日2〜3リットルの水分をとるのが理想的と言われています。

またお茶やコーヒーなどに含まれるカフェインは、
エネルギー代謝など多くの代謝に支障をきたすと言われています。

お茶やコーヒーを飲む量を減らして
水を多めに飲むことを心がけるようにすると良いでしょう。

歩くこと(ウォーキング)でセルライト解消

エアロビクスやストレッチでセルライトを解消する方法もありますが
なんといっても1番手軽なのがウォーキングです。

そう、歩くことは何よりの運動であり、エアロビクスになるのです。

誰でもできるし、どこでもできます。お金もかかりませんよね。
痩身エステに行くのもよいですが、その前に自分でできることをやってみましょう。

歩くといっても、ダラダラ歩いていたのでは効果はありません。

リズミカルかつスピーディーに姿勢を良くして歩きましょう。
早歩きくらいがちょうどいいと思います。

それだけでも意識して歩くと違うと思います。

ちょっとした距離であれば、車を使わずに歩いてみると
一般的なダイエットにもなりますし、下半身のセルライト解消にもつながります。

エレベーターやエスカレーターを使わずに
階段を使って移動するというのも、簡単にできる運動ですね。

セルライトの解消法

セルライトを除去するセルライト解消法の1つは
食生活を改善することです。

食事は体を冷やすもの(甘いものや冷たいもの)を避け、温野菜や食物繊維などを多く摂るようにしましょう。

冷たいものは当然体を冷やしてしまいますが、甘いものも体を冷やす作用があります。
なるべく温かいものを食べることを心がけましょう。

また、マッサージをして血行不良を改善していくことが有効です。
セルライトのある部分(前述のデコボコ部分)をもみほぐして破壊するのが効果的です。

他にもセルライト解消のストレッチ方法があります。

セルライト解消ストレッチは、仰向けに寝て、右足首はまっすぐ、左足首を曲げる。
その後、左足首はまっすぐ、右左足首を曲げる。

このストレッチをを30〜50セット行うとセルライト解消に効果があるようです。

セルライト発生の理由

セルライトが発生する原因は、なんらかの原因で血液やリンパ液の流れが
スムーズにいかなくなるからだと言われています。

・運動不足

・不規則な食生活

・妊娠や更年期による女性ホルモンのバランスの変化

・むくみや冷え性などの体質

などが原因となってセルライトができると言われています。

これらの原因に思い当たるところがある方は注意が必要です。

特に冷え性とむくみでセルライトができるので、
むくみ易い人や冷え性は、太ってるやせてるに関係無く、
セルライトができやすい体質と言えます。

セルライトは見えないところで進行して
気がついたら下半身が太っていた、肌がデコボコになっていた。

ということになるので気をつけましょう。

セルライトとは

セルライトとは多くの女性に見られる現象です。

太ももやふくらはぎ、お尻のまわり、おなかなどの皮下脂肪が
水や油など汚物を含んだスポンジのように肥大してしまう現象です。

皮下脂肪とそのまわりの組織が変化し、代謝が悪くなってしまいます。

見た目にも悪いばかりか肌がかさつく原因にもなります。

また、セルライトができると脂肪層も厚くなり、
肥満体質になりやすいと言われています。

セルライトにより、さらに血流が悪くなりむくみや冷え性、
水太りの原因になることもあります。


下半身太りに悩む方は多いですが、その原因の多くはセルライトにあります。

セルライトを除去するのと、一般的に「やせる」ダイエットというのは
根本的に違います。

やせることはできても、セルライトが除去できないために
下半身太りが直らないという例もあります。

痩身のためにはセルライトを除去することが必要不可欠なのです。

2006年03月08日

リバウンドについて

痩身エステで痩せてもリバウンドするのではないか?

結論から言うとリバウンドするパターンが多いようです(^^;


せっかく高いお金を払って痩せてもリバウンドしてしまうのか?
と疑問を持たれる方も多いかもしれませんが
それが現実のようです。

エステでのプログラムによる食事制限をしたり
エステで汗をかくことにより痩せる。

それで一時的に痩せてもリバウンドしてしまう場合が多いです。

痩せるには運動が一番です。
肥満の原因の殆どが運動不足と言われています。

運動をして筋力をつければ

基礎代謝が上がる→太り難い体質を作る

という好循環を生み出すことができます。


それができた上で、さらに効果をアップさせるために痩身エステに行く。

ということであれば問題はないと思います。

痩身エステに行けば痩せられる。

というような気持ちではリバウンドするのは目に見えているので
やめておいたほうが良いと思います。

自己管理は大切

痩身エステに行くだけで美しく痩せられる!

それは誤解です。
エステに行くだけでは当然やせられません。

本当に努力をすれば
エステなんて行かなくても独力で痩せることはできるのです。

ですが、確かな技術を持ったエステに行くことで
あなたが痩せる手助けになることはあるでしょう。


例えば、エステをより効果的に活用したいのであれば
自己管理を行ううえで、食事の記録・体重の記録は、するべきだと思います。

エステでの指導でやってもらえる場合も多いと思いますが
最終的には自己管理でやっていけるようになるのが目的です。


エステはあくまで補助です。
ダイエットは自分自身で行うものという意識が当然必要です。

エステの勧誘を断るには・・・

エステサロンでは場所によっては言葉巧みにしつこく勧誘してくるところもあります。

新規の契約の場合もありますし、すでに契約して新しいコースのオススメ、
コース延長のオススメなどを迫られる場面もあるかもしれません。

「クレジットで組めば月に○万の支払いですみますよ」みたいな勧誘が多いようです。

断りたいんだけど、しつこくて強引な勧誘で断りにくい・・・
そういったケースもよく聞きます。

あまりにもしつこく勧誘してくる場合の対応策を調べてみました。
参考にしてみてください。

・転職するのでしばらく忙しくて来れない

・海外に留学するので行けません

・(もしご結婚されているのであれば)夫の転勤で遠くに行く

・車を買うことになったのでお金が必要なんです

などなど、「お金がない」「時間がない」ということを
相手にアピールすれば、仕方ないと思ってもらえるパターンが多いようです。

強引な契約をクーリングオフする方法

残念なことに、エステサロンでの強引な契約によって
法外な値段で契約をしてしまった。

という話はよくあります。

もし、契約したことで後悔するのであれば
クーリングオフ制度を利用して、契約を破棄することをおすすめします。


強引な契約や、怪しいサービスにだまされないのが一番ですが
エステ業界は、少なからずこういった事例はあります。

いざというときのために対応はできるようにしておきましょう。

エステの無料体験等にいく場合も、
勧誘されたら絶対契約は結ばないという意志を強く持って行ったほうが
良いと思います。

それでも、万が一勧誘に負けて不本意な契約を結んでしまったら・・・
そのときのためのクーリングオフ制度です。


クーリングオスについての対応は
下記のサイトを参考にすると良いと思います。

はじめてのクーリングオフ

ジャストクーリングオフで迅速対応

無料体験には要注意

エステの無料体験や格安での体験ができる場合があります。
ですが、「無料より高いものはない」と思って下さい。

無料で体験したのなら、その後は確実に勧誘が待っている可能性大です。
 
勧誘する為に無料という餌をばらまいているんです。
 
街頭でのキャッチ・仲の良い友達に誘われて無料体験

勧誘される可能性が大です。気をつけましょう!
店舗や喫茶店に一緒に行き、商品やサービスを契約させます。

失敗したと思ったら迷わずにすぐクーリングオフするのが良いでしょう。


もちろん、全部が全部そういった激しい勧誘があるエステサロンばかりではありません。
優良で勧誘が少ないお店もたくさんあります。

きちんとしたエステサロンを選ぶようにしたいものですね。

エステは何歳から行っても良いか?

エステに行くのに年齢制限はありませせん
ですが、未成年者の契約は親の同意書が必要なところもあるかもしれません。

民法で未成年者の契約には親権者の同意を求める事になっています。
親の同意が必要ないところは、悪徳業者の可能性もありますので注意しましょう。

未成年者が単独でローンを組むことはできないので
その点も注意です(親の許可があれば可能です)

未成年者が本当にエステに行きたいのであれば、
親御さんと一緒にカウンセリングを受けて、納得した上で受けるのが最善かと思います。


一般的なエステは、肌年齢が若い未成年者は行く必要はないでしょうが
痩身エステは、肌年齢の問題ではないから悩んでいるなら受けても良いでしょう。

ですが、基本的に自分のお金で料金を支払える年齢になってから行くのが
妥当なのではないかと思います。